インプラント治療

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。